成功事例:ITセキュリテイ業界・プリセールスエンジニア

situation

今回ご紹介する企業は日本で急成長中の外資系スタートアップで、いよいよ組織強化に本腰を入れるため、2021年に新たに複数の職種で合計10名のプロフェッショナル人材を採用する方針を打ち出しました。事業成長を計画通り達成するためには、特に“プリセールスエンジニア マネージャー”の採用が最優先となっていました。

先方が求める要件は極めて高く、ITセキュリテイ業界に関する豊富な知見・経験はもちろんの事、APACともやり取りができるビジネスレベルの英語力を持つ、業界有数の候補者を早急に集める必要がありました。

action

そのようなハイスペックな人材を競合他社やリクルーターが見逃すはずもなく、競争が一段と激化する中、候補者を集めるには非常に苦戦を強いられました。そんな中でも、私たちは40名もの優秀な候補者を集めスクリーニングをすることができましたが、先方が「要件を満たす」と判断したのはわずか5名。

幸い、その5人のうちの1人は私が過去2年間にわたりコンタクトを取っている優秀な候補者で、テクニカルスキルもさることながら、人物面やカルチャーフィットの点でも先方のリクエストにマッチしていたため、レジュメや面接からだけでは見えない人間性の部分もご担当者様にしっかりとお伝えしました。

また、候補者の方もコロナ禍による面接プロセスのフリーズなどを経験し意気消沈していましたが、今回のポジションの価値や将来をを包み隠さず丁寧に伝えることで、モチベーションを大きく上げることもできました。

result

結果、クライアントも候補者も相思相愛。企業にも面接のプロセスを早める努力をしていただき、見事採用に至りました。2年間の付き合いを通じて深めた候補者との絆が功を奏し、企業様にとってもいいご縁に結びついたのだと思います。

win_win

consultant's voice

エンドポイントのプリセールス人材はセキュリティ業界では常に競争率が高く、採用をする上でもスクリーニングや面接など、迅速なアクションが求められます。今回の事例でも、企業が面接プロセスを加速させた事が理想の人材の採用につながった要因の一つだったと思います。

また、人柄やカルチャーフィットなどレジュメやSNSからは見えてこない、実際にお話してみないとわからないソフトスキルもあります。数多くの候補者を入念にスクリーニングし、そこからソフト、ハードスキルを総合して企業様とマッチ度の高い求職者を厳選する。“紹介人数”ではなく、厳しいスクリーニングプロセスを徹底し、本当に良質な候補者のみを紹介する私たちランスタッド・プロフェッショナルの方針が、多くの企業にご満足いただいている理由だと自負しています。


取材・文責

ポール マクギン

コンサルタント

テクノロジー業界のミドル~エグゼクティブレベルを担当

Contect via Linkedin

関連コラム